上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この週末は、最悪でしたね。 (_ _。)・・・シュン

もう既にお気づきの方も居られるかも知れませんが、
Tank Matesのプラグインから2匹が消えました。

まず、金曜日に帰宅すると、
昨日まで泳いでいたイナズマンが☆になっていました。

そして、翌朝にはアデもライブロックの下で☆に・・・

ホントやるせなかったし、情けなかったです。

イナズマンについては、木曜日は普通に泳いでいたし、
薬浴も4日間実施したので、金曜の夜には本水槽に戻そうと思っていたところでした。
確かにエサは食べなかったのですが、
本水槽に戻せば、みんなに釣られて食べるようになるかもと思っていたのです。
体色も戻ってきてた矢先なので、とにかく悔しかったですね。

そして、アデに至っては、
金曜日の夜にエサ食いの量が減っていたのと、
肌荒れをイナズマンと同じように起こしていたのと、
体をビクッビクッて動かす変な動作をしていたので、
土曜日には掬い出して、薬浴をしようと考えていたところでした。
今思えば、一晩待った自分の対応の遅さに反省しています。

金曜日の夜には、なんだか変な動きの魚が、アデの他に3匹も居ました。

アデと同じように体をビクッビクッて動かす変な動作をしていたのは、
クイーンです。

また、肌荒れ気味なのも居まして、
それはアフリカンでした。

更に、体をやたら岩やらOF管に擦り付けていたのは、
ヨスジでした。




土曜日の朝、水槽に横たわるアデを見た瞬間、
イナズマンの病気が蔓延してることを認めざるを得ませんでした。

このまま、水替え程度で凌げるものでもないと、判断しました。
現に、イナズマンを水槽から取り出した後、
3分の2量の水換えを行なってますしね。

もう、その時の考えとしては、リセットしかないなと。

意外と冷静でしたよ。

こんなに可愛そうな状況でしたがね。

覚悟ができていたのです。

で、土曜日にリセットを敢行ということです。

リセットの手順は、次のようにやってみました。

①ライブロックとサンゴを発砲スチロールケースに隔離 温度はヒーターでキープ
②健康な魚(ニモ、ハタタテ、イエローコリス)は、低比重1日→通常比重1日でバケツ飼育
③やばい魚(クイーン、アフリカン、ヨスジ)は、低比重+GFGにて薬浴
 ヨスジのみ日曜日には、②の連中と合流(痒がるしぐさが消えたので)
④本水槽は、全水量を排水し、真水を張って底砂撹拌し、そのまま半日循環
⑤半日経過後、本水槽の真水を再度排水して、海水化+バクテリア投入
⑥1日経過後、ライブロックを真水で洗い直した後、本水槽にサンゴと一緒にセット
⑦その後暫くして、ニモ、ハタタテ、イエローコリス、ヨスジ導入

ってな感じです。

正直、⑦での4匹の導入は早すぎだと思っていますが、
家の都合上、これ以上バケツ飼育状態を幾つも、幾日も継続できないので、仕方なくです。


クイーンとアフリカンは、予断を許さない状況ですが、
健康になってくれることを祈るばかりです。
一つだけ、良いことと言えば、エサは爆食いってことですね。
でも、油断は禁物ですね。

このリセットが吉と出るか、凶と出るか。
それは、分かりません。

もうこれからは、急がず慌てずを心掛けます。

最後に、本日組み直した水槽のレイアウトの写真を2枚。

a-水槽 392


a-水槽 393


スポンサーサイト
2008.05.11 Sun l 水槽日記 l COM(12) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。